環境を守ろう!身近でできるリサイクルとは?

みんなでリサイクルに取り組もう

ゴミには種類が決まっている

ゴミを分別することが、リサイクルに繋がります。
紙製品を資源ゴミに出したり、ペットボトルやプラスチック分けて処分してください。
適当に処分していると、リサイクルできる素材が焼却されてしまうのでもったいないです。
家具や家電は、粗大ゴミに含まれます。
行政の担当部署に連絡を入れると引き取りをおこなってくれるので、手続きを進めてください。
その辺に不法投棄することは、絶対にやめましょう。

家電は、リサイクル法という法律に従って処分しなければいけません。
リサイクル法にあたるエアコンなどは、購入店へ持参しなければいけませんので、面倒に感じる人もいるでしょう。
その場合は不用品回収業者というところがあり、そこへ依頼するのが良い方法です。
すると引き取って、部品を取り除くなどして家電をリサイクルしてくれます。
自宅に回収しに着てくれるので、余計な手間も発生しません。
いつでも業者に連絡できるよう、前もって連絡先を調べておくことをおすすめします。

まだ使える家具や家電、服は売ると良いですね。
リサイクルショップに持って行っても良いですし、ネットオークションを使う方法もあります。
ネットオークションは、自分で売る価格を決められる面がメリットです。
自分の持っている家具や家電がブランド品で、価値が高いとわかっているならネットオークションを使うと良いでしょう。
その際は使用上の注意をよく理解して、慎重に使ってください。
使い方を間違えると、買い手とトラブルが起こってしまいます。

気軽に実践できる方法を把握しよう

燃えるゴミや資源ゴミ、プラスチックなどゴミには様々な種類があります。 それぞれ分別することが、リサイクル活動に繋がると覚えてください。 適当にゴミを捨てると、焼却されるので有害な物質が発生します。 地球環境に良くないので、しっかり分けてください。

家電に関係する法律を勉強

家電は行政が回収できるものと、できないものがあります。 できないものは家電リサイクル法に従って、処分しなければいけません。 不用品回収業者に任せると、まとめて引き取ってくれるので楽です。 引き取ってから業者が、家電の種類を分別してくれるので安心してください。

使える不用品を有効活用

まだ使える不用品を、捨てるのはもったいないです。 それなら、リサイクルショップに持っていきましょう。 欲しい人が購入して、再び使用してくれるのでゴミになることはありません。 立派なリサイクルになります。 家電や家具以外に、服もリサイクルショップで買取ってくれます。