家電に関係する法律を勉強

リサイクル法に該当する家電

エアコンや冷蔵庫、テレビなどが家電リサイクル法に含まれます。
行政では回収できないので、買ったお店に持って行って引き取ってもらう方法が一般的だと言われています。
しかし大量の家電を処分する時は、いちいちお店に持って行くのは大変でしょう。
そこで最近は、不用品回収業者を利用する人が増えています。

業者が自宅に来てトラックに家電を詰め込んで持って行ってくれます。
その時は、自分で種類を分別する必要はありません。
業者のスタッフが後で、リサイクル法に該当するものとしないものに分けてくれます。
負担も削減できるので、業者を頼ってください。
業者に依頼する際は、料金が発生します。
少し高額になるので、準備しておきましょう。

信頼性の高い業者を見つけよう

依頼する際は、不用品回収業者の情報をよく確認してください、
怪しい業者では、回収した不用品を適当に処分されてしまいます。
本来は回収した家電を分解して、使える部品を取ってもらいます。
そして別の家電に使われることで、リサイクルが成立します。
それなのに全てまとめて焼却されると、リサイクルできなくなってしまいます。

お客さんがたくさんいる業者や、処分方法をサイトで公開しているところが良いでしょう。
こちらに、情報を詳しく提供している業者は信頼できます。
突然自宅に訪問しに来る業者は、あまり信用できないと言われているので依頼を控えてください。
事前に必ず自分で業者の情報を調べて、信頼できると思ったら連絡しましょう。